引越し業者で設定している違約金について

引越し業者では、予め違約金に関する内容を設定していることが基本とされています。通常では早期に予約を行って、日程などを調整した上で、引越し作業を進めていく準備を行うことになり、業者では数多くの顧客を抱えていることになるために、1日に複数の日程を調整していることになります。そんな中、諸事情によって引越しすることをキャンセルしてしまう方も存在しています。


このケースでは、多くの業者が採用している内容として、前日までならば20%以内の違約金、そして前々日までならば10%以内の違約金の支払い義務が生じることが多い傾向にあります。こうした中、人によっては既に引越しに向けて梱包資材などを受け取っており、利用している状況にある方もいます。


資材類に関しては、業者の所有物と見なされることになり、一般的には料金の中に含まれているものと考えます。その結果として使ってしまった資材類に関しては料金が発生することが基本になるために、一定の支払いが必要とされてしまいます。しかし、天災などアクシデントによって延期を余儀なくされてしまった方の場合では、状況次第では違約金が発生しないという事例もあります。


この点に関しては各業者によって設定が異なる部分を持っているために、事前に契約をしっかりと把握することが良い方法になります。


引っ越しで最も安い引越し業者選びができるサイト3選!
引越し侍


詳細はコチラ

HOME'S引っ越し


詳細はコチラ

引越し価格ガイド


詳細はコチラ