仏壇の引越しをする場合には

お仏壇を引越しさせる場合、まず最初に、お仏壇のご本尊と位牌の魂を抜く事です。魂を抜く事は宗派や地域によってと呼び名が違い「精抜き」とか「お性根抜き」と言われます。精抜きは宗派のお寺さんにお願いするといいでしょう。


費用は大体1万円から3万円くらいで、その他お茶代とか交通費も必要となりますので、来てくださってお寺さんに依頼時に相談をして見るといいでしょう。精根抜きは、引越し当日より前に終わらせておきましょう。


精抜きをした後は、普通に荷作りをするといいのです。高価な仏具は自分で持って行くと安全です。その装飾は、とても繊細にできていますので、取り外しをしたりする場合は、細心の注意が必要です。


業者に依頼するのであれば、完全にお任せするのも一つの方法です。引越し当日、お仏壇は最後に家から出します。


そして、その当日、一番初めにお仏壇を入れます。引越し後、お寺さんにもう一度来て頂き、精入れ(開眼法要)をして頂きます。精入れをして頂くお寺さんは、同じお寺さんにお願いするのが一般的ですが、遠方の場合は、精抜きをして頂いたお寺さんに、相談をして見るといいでしょう。


もちろん精抜きと同様の費用がかかります。ただ、これらの礼儀作法は100%しなければならないものではありません。


お仏壇に手を合わせ「これから引越しします」と言ってそのまま引越しをしてもいいのです。


引っ越しで最も安い引越し業者選びができるサイト3選!
引越し侍


詳細はコチラ

HOME'S引っ越し


詳細はコチラ

引越し価格ガイド


詳細はコチラ