引越しの際は郵便局の転居届をポストに投函

アパートやマンション等の賃貸住宅に引越したら、自分の部屋の郵便受けには早目に名前を書き込んだ方が良いでしょう。自分宛の郵便物が配達されたとしても、引越して来たばかりでは本当に宛名の人物が部屋に住んでいるかどうか判断が付きませんね。配達の担当者が確認できるように分かりやすくしておくことが大切です。


前の住所に届いてしまった郵便物を新居の方の転送してもらうためには、引越する前に転送サービスを依頼しておく必要があります。郵便局に行って転居届を提出しましょう。


郵便局に行く時は本人であることが確認できるように身分証明書を持参しましょう。運転免許証や健康保険証等があれば本人確認ができます。直接郵便局に行くことができない場合は、転居届の用紙を誰かに取って来てもらい最寄りのポストに投函しても構いません。


必ずしも近くのポストに投函する必要はないので、お近くのポストを利用しましょう。その際は切手を貼らなくても投函できます。


インターネットが利用できる環境にある方は、ネットを通して転送の依頼ができます。画面を表示させたら指示通りに入力していくだけで手続きが完了するので便利です。転送サービスは更新も可能ですから、依頼したい場合は再度同じ手続きを行いましょう。


引っ越しで最も安い引越し業者選びができるサイト3選!
引越し侍


詳細はコチラ

HOME'S引っ越し


詳細はコチラ

引越し価格ガイド


詳細はコチラ