引越しをした後に銀行に住所変更届けを出すこと

引越をすると当然、住所が変わることになるので、郵便物を受け取る可能性のあるサービスと契約している場合、住所変更届けを出さないといけません。たとえば、銀行がそうです。


銀行に登録している住所を変更する方法ですが、インターネットバンキングに登録しているのであれば、オンラインでの住所変更が一番簡単です。変更後に確認の郵便物が届くということはないので、引越前に変更しても問題ありません。では、いつ変更すればいいのかというと、そんなに焦る必要はありません。


というのは、銀行から郵便物が届くということはあまりありませんし、もし古い住所に届いたとしても、郵便局に届けていれば、新しい住所に配達してくれるからです。お金を借りているという場合は、早めに変更届を出しておいた方がいいですが、預金サービスしか利用していないという場合は、引っ越した後に変更しても問題ないでしょう。


大手銀行は街ごとに支店があり、引越をすると以前利用していた支店とは別の支店を利用することになりますが、引越をしたからと言って、引越先の近所にある支店に新規で口座を開設しないといけないということはありません。また、銀行によっては二つの支店に口座を持つことが許されていないところもあるので、特に何もする必要はないでしょう。


引っ越しで最も安い引越し業者選びができるサイト3選!
引越し侍


詳細はコチラ

HOME'S引っ越し


詳細はコチラ

引越し価格ガイド


詳細はコチラ