レンタルしたトラックでの引越しのメリットとデメリット

引越をする際に、自分でトラックをレンタルして、荷物を運搬する方法があります。この方法の一番のメリットは引越業者に支払う作業料を節約できる点です。


但しトラックをレンタルする場合には、友人等に手伝ってもらう事が多いため、トラックのレンタル料金に加えて、友人等へ食事等をご馳走することになるので、それらの費用を予定しておく必要があります。ところで、引越業者は大手・中堅と呼ばれている会社でも10社程度はあります。では、なぜこれだけの引越業者があるのかと言えば「それだけ需要があるから」です。


つまり、引越では、荷物の整理や準備・住民票や運転免許証の住所変更手続・賃貸マンションなら退去の立ち会い・新居での契約手続・新居でのインターネット回線等の移転や新規加入手続・電気や水道等の連絡や引落手続など、大変な作業の連続です。この作業に加えてトラックをレンタルして、自分で荷物を運んで、トラックを運転することはリスクが高いと考えている人が多いのです。


即ち、「現在の部屋からの荷物の搬出・運搬・新居への荷物の搬入」は、「お金を払って依頼した方が総合的に考えて安い」と判断する人が非常に多いのです。つまり、わざわざ自分で引越の荷物を運搬せずに、節約した時間を様々な手続等にあてて、新居での新しい生活の準備を優先している人が非常に増えているのです。


引っ越しで最も安い引越し業者選びができるサイト3選!
引越し侍


詳細はコチラ

HOME'S引っ越し


詳細はコチラ

引越し価格ガイド


詳細はコチラ